decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

どうすれば谷尾氏のような売れっ子になれる?

きらきらとした華やかな谷尾和昭

きらきらとした華やかな芸能界に憧れている人は多いでしょうが、いざ興味を持ったとしてもどのようにその世界に飛び込めば良いのか分かりにくいものです。

子どもの頃から親が熱心に活動していれば子役として人気を集めることもできますが、大人になってからタレントとして活躍したい場合はどうすれば良いのでしょうか。

芸能機デビューと聞くと10代後半でギリギリというイメージが強いですが、現実には20代に入ってからでも十分にチャンスはあります。

最も確実に芸能界入りを目指したいなら、まず受けるべきは芸能プロダクションの新人募集オーディションです。

これがデビューするには最も近道だと言えますし、必要不可欠なものだとも言えます。

アイドルやモデルなら確かに年齢が若い方が好まれるのですが、俳優志望であれば20代や30代になって脚光を浴びる人も大勢います。

ただ、その分同じように考えて積極的に活動を続ける20代や30代の数も増えてくるので、必然的に競争率は高くなってしまいます。

軽く考えているとすぐに心が折れて挫折してしまうので、もしオーディションに挑戦したいと考えているなら100回受けて1度も合格できないのが当たり前くらいの厳しい覚悟を持っておくようにしましょう。

オーディションについて谷尾和昭さんが語る

芸能プロダクションにもよりますが、基本的にオーディションだけなら無料で受けることができます。

履歴書や交通費などの雑費はかかってしまいますが、基本的には無料で受けられるので考える暇があったらとにかく受けて回ることが大切です。

芸能プロダクションがたくさんあってどれを選べば良いのかわからないという場合は、とにかく名前を知っている大手プロダクションから狙っていきましょう。

芸能界は数多くの会社がプロダクションを名乗っていますが、残念ながら芸能界への憧れを逆手にとって詐欺まがいのことを行う悪質なプロダクションも多いです。

オーディションに合格させて契約を交わしたものの、レッスン料という名目で毎月多額の金銭を要求されたり、いざ契約を解除しようとすると法外な違約金を請求されることもあります。

お金だけならまだ良いのですが、女性の場合は性犯罪に巻き込まれてしまうこともあるので注意が必要です。

こういったトラブルに巻き込まれないようにするためにも、とにかく手当たり次第にオーディションに応募するのではなく、ある程度知名度や実績がある大手プロダクションを中心に応募するようにしましょう。

大手であれば言うまでもなく所属するタレントの待遇や管理などもしっかりしていますし、怪しいレッスン料を請求されることもありません。

もちろん大手であればあるほど競争率は高くなってしまいますが、だからと言って名前も実績も低いような怪しげなプロダクションに応募するのだけは止めておきましょう。

しかも、大手プロダクションならグラビアや歌手、俳優など部門ごとにオーディションが分かれているため効率が非常に良いというメリットもあります。

部門が分かれていないプロダクションに応募した場合、俳優志望だったのにグラビア要員として採用されてしまい、不本意な活動をやらなければならない事態にもなり兼ねません。

それなら最初から俳優部門で応募できる環境のプロダクションに応募したほうが、時間や労力を無駄にせずに済みます。

契約後に揉めて余計なトラブルにならずに済むので、目標がはっきり決まっている人は最初から希望する部門があるプロダクションに応募するようにしましょう。

谷尾和昭の見解

オーディションに応募する人は、ほとんどが業界未経験者です。

面接やダンス、演技などに慣れていない人も多いので、自分には絶対無理だと最初から諦める必要はありません。

憧れを現実のものにするためには、とにかくオーディションへ応募しないことには始まりません。

現在大人気となっている谷尾和昭だって、最初は自分で履歴書を書いてプロダクションへ応募していたのです。

※こちらを参考→谷尾和昭の自己紹介ブログ

中には路上でプロダクションのスタッフからスカウトされたなんて人もいますが、そんなスターの原石はごく一部です。

芸能界で活躍している人たちのほとんどが、最初は自分で活動し始めたということを忘れず、積極的に応募することが成功のカギなのです。

ちなみに、プロダクションへ応募する際には、応募した以上は必ず実際に試験を受けに行ってください。

応募だけしてやっぱり気が変わった、面倒になったと言ってドタキャンすることがあれば、他のオーディションでも合格できる可能性は低くなります。

芸能界は意外と狭い業界なので、ドタキャンを繰り返しているとオーディション関係者の中で名前を知られてしまうようになります。

本命で応募したオーディションでも、この人はドタキャンする人だと分かってしまえば書類選考で落とされる可能性もあるので、自分のためになりません。

仮に練習のつもりで応募したとしても、必ず最後まで試験を受けることをおすすめします。

loading
×