decoration decoration decoration
decoration
leaf leaf leaf leaf leaf
decoration decoration

カジノは本当に必要か?

■カジノは将来日本でも合法になる?

日本では賭博は禁止されています。その為カジノは禁止されているわけですが、最近はこの禁止を解いて皆勤しようという動きがあります。これを解禁することで観光客を取り込もうというわけです。そうすれば景気対策にもなるし地域の活性化にもつながるということで既に国会でもこのことが議論されている状況にもなっています。恐らくですが将来的にはカジノは日本で合法になるということになりそうです。

このことが良いことなのかどうかは分かりません。ギャンブルは世界では普通にあるものです。反対派は治安が心配と言ったり、ギャンブル依存症となる人が出てくるということを言ったりして反対していますし、賛成派は景気が良くなるということで賛成しています。どちらも言い分も一理あるのでどちらの言い分も完全否定することは出来ません。確かに世界中でこの両方の意見のことが実際に起きているということは言えます。カジノがあることで依存症の人が出てくることは間違いないですし、トラブルが起きることも間違いないことです。そして、景気対策として大きな効果を上げているところもあることも事実です。中にはこれがあることによって成り立っているような地域もあるわけです。

■依存症の危険性というだけでは説得力はない

では、日本ではどうするのがいいのかということになりますが、これはその必要性を考えることが必要になるでしょう。必要ないものを解禁することはありません。必要であれば解禁するしかないというシンプルな考え方をするしかありません。ギャンブルは悪という考え方がありますが、必ずしも悪とは限りません。既にそのことは日本政府が認めているところです。ですからギャンブルが悪だからダメということに関しては、今認められている政府公認のギャンブルも駄目ということにならなければ不自然です。今あるものはいいけれども新しくできるギャンブルは駄目ということになると、これはダブルスタンダードで理解できない考え方ということになります。

ですから、依存症の人が出てくる可能性があるので駄目という考え方では説得力に欠けるということになります。宝くじは良くてカジノは駄目といっても説得力がないことは誰の目にも明らかです。宝くじも駄目、競馬も駄目、ギャンブルは全部禁止というのであれば、これは筋が通った話で納得できる話になるでしょう。こちらは良くて、こちらは駄目ということを言うと、全く説得力は無くなります。ですから、ギャンブルは日本では禁止されているという考え方は成り立たないということです。一部のギャンブルが認められているのは特例だという考え方をする人がいますが、この特例の意味が全く分からないので、説得力に欠けるわけです。例えば宝くじは戦争時の資金調達として富くじという形で始まったものと言われていますが、戦争という特別な事情があったので、特別にすることが出来たわけです。ですが、今は戦争時ではありません。既にこの特別な状況が無くなっているにも関わらずにこのギャンブルは政府公認のものとなって国民の間に広く浸透しています。競馬についても同様です。

■景気という観点からカジノの必要性を考えた場合

では、宝くじや競馬、競艇などの既に認められているギャンブルで依存症の人が出てきていないのかというとこれもしっかりと依存症の人が出てきています。ギャンブルなのですから当然のことですが、これを理由にしてこれらのギャンブルに異を唱える人は少ないといっていいでしょう。カジノがについて依存症の人が出てくるという理由で反対する人は既にあるギャンブルについても反対する必要があるわけですが、これについてはスルーしている人がほとんどです。これでは賛成派からおかしいと指摘されても当然ということになるでしょう。来るかどうかわからないものに反対するよりも既にあるものの方を気にするべきなのですが、新しく入ってくる方に意識が集中しています。既に今あるギャンブルについて反対運動をしている人のみが新しいギャンブルについても反対しても説得力を持つことになります。新しいものが来た時だけ反対しても説得力に欠けるものとなることは否めません。

カジノが来ることが景気が良くなり雇用が促進されて街が活性化されるということは期待出来ますが、これが本当に求めることなのかということも考える必要があるでしょう。要は儲かれば何をしてもいいのかという話です。もっと大切なことはないのかということも考える必要があります。景気対策としてギャンブルを考えるということは、本当に最も有効な方法なのかということです。ギャンブルは生産性のあるものではありません。遊びの一つと考えられなくはありませんが、どちらかというと遊びというよりはお金目当てという人が多いのが事実です。ですがギャンブルは何かを生産してお金を稼ぐのではなく、賭けをすることで人のお金を獲得しようとするものです。つまり、生産性がないということが問題なのです。経済が活性化されたように見えますが、価値の生産がこれで出来ているのかを慎重に考える必要があります。

オンラインカジノランキング2018年最新版

loading
×